美意識のコード

技術革新と創造性を旗印とするペルレメゾンのタイムピースは、高貴な伝統とイノベーションが織りなすオリジナルな外観を特色としています。

リューズ

タービンコレクションの特色として、巻き上げリューズが完全にケースに組み込まれています。正面から見ると、見事に曲線と溶け合い、オリジナルなビジュアルを実現しています。もちろん機能面もスライドボルトによって保証され、オープン状態で巻き上げと時刻合わせが可能です。メゾンのP.があしらわれたリューズが、時計全体にほかにない美しいスタイルを付与しています。

ダブルローター

自動巻ムーブメントの精髄として、ペルレのオリジナリティを体現するダブルローターは、特許を取得した優れた巻き上げシステムを実現しています。従来のローターに加え、文字盤の中央もしくは周囲に目に見える設計のローターを設置しています。パーフェクトに相関したふたつのローターは、機能の性能を向上させるとともに、その振幅の動きを目で楽しむことができます。

溝彫り

時計製品における伝統的なモチーフである溝彫りが、現代的にアレンジされました。ミドルケースに施されたスクエア面の窪みが、ピラスター(壁面から張り出して浮彫状に表現される,断面方形の古典様式の柱形)状の装飾を構成します。クラシックスタイルの時計上にアレンジされ、タービンコレクションに大胆なモデルを展開します。これは一部のリューズにも施され、つかみやすくする効果を有します。

ラグ

ストラップを固定するラグは、ペルレスタイルの重要な構成要素です。印象的なボリュームとケースに対して目立つデザインで、その存在感をアピールします。鋭角なカットが現代的なデザインを演出し、ゆったりととられたカーブラインは、快適な装着感を実現します。

タービン

2009年以来、ペルレのダブルローターに新しい解釈が加えられました。文字盤全体に広がる上部ローターは、スクリュー付きの大歯車で構成され、手首の動きに合わせて自由に回転します。タービンコレクションは、バックに豊かなカラーとモチーフを採用し、すぐれたビジュアル効果を特色とします。見た目に楽しい製品の実現はペルレメゾンの一理念です。タービンは、時とともにブランドの真のアイコンとして、大きな進化を遂げてきました。2013年には、クロノグラフやトゥールビヨンといったコンプリケーションも加えられます。大きなステップをあらたに乗り越え、将来的なさらなる進化への道が開かれました。