ペルレとボリウッドとの巡り合い

ペルレとボリウッドとの巡り合い

8月 2016

革新的な自動巻きウォッチとエレガントなデザイン、そして信頼性の高いムーブメントで知られるスイスの時計ブランド、ペルレ。このマニュファクチュールメゾンが、ティヌー・スレーシュ・デーサーイー監督による冒険に満ちたストーリーの最新作『ラストム(Rustom)』で、ボリウッドの映画界にデビューします。

映画プロデューサーとして評価の高いニーラジ・パーンデーが製作するこの映画では、アクシャイ・クマールが主演を務め、その名がタイトルにもなっている海軍将校、ラストム・パヴリを演じます。実際の事件をもとにしたこの映画は、批評家から高い評価を得るとともに商業的にも成功を収めた『スペシャル26』と『ベイビー』に続いて、クマールとパーンデーがタッグを組む3本目の作品になります。

ペルレは、主人公に求められる正確なタイミングと洗練されたスタイルの重要性をよく理解し、この映画の製作チームに、メゾンの歴史的な作品の中から独創的なモデル「ディプテロス」を贈りました。この時計は当時、世界初の「ダブルローター」を採用した画期的なタイムピースとして注目されたモデルで、自動巻き機構のローターをダイヤル側の2つ目のローターに連結させるという、他に例のない独特のシステムを備えています。完全に連動した2つのローターの回転によって、バレルに動力が供給され、より効率的な巻上げを可能にする動力源が確保されるのです。

ペルレの現在の「ファーストクラス ダブルローター」モデルの原点は「ディプテロス」です。時計製造における見事な職人技の真髄を体現したこのタイムピースは、直径42.5mmのステンレススティール製またはゴールド製のケースに、メゾンのオリジナルムーブメント、インハウスキャリバーP-181を搭載。時計メーカーとしてのペルレが誇る、革新技術の伝統の証であり続けるでしょう。

ラストム
颯爽とした海軍将校と美しい妻、そんな彼らを取り巻く完璧な世界。それが海軍司令官、ラストム・パヴリの日常だった。しかしある日ラストムは、理想的だと信じていた生活が、実はそうではなかったことに気づく。妻が彼の親友と浮気をしていることがわかったのだ。そして、3発の銃弾が彼らの人生を変えていく。ズィー・スタジオとクリアージ・エンターテインメントが実際の事件に基づいて製作した「ラストム」は、誇りや情熱、権力、そして自分自身と国の高潔さを守ろうとする男性を描いたストーリーによって強く人の心を捉える作品だ。

『ラストム』製作者:アルナ・バティア、ニティン・ケニー、アカシュ・チャウラ、ヴィレンドラ・アローラ、イシュワール・カプーア、アルジュン・N・カプーア、シタル・バティア。2016年8月12日公開予定。

www.youtube.com/watch?v=L83qMnbJ198

最新ニュース

更にニュースを読む